« 0676_House---完成見学会のお知らせ | メイン | The Social Network »

2010年11月08日

事務所の新顔

[道具--tools ]

101102-newface.jpg

鎮座している事務所の新顔です。

ScanSnap S1500M

Colorio PM-G4500

ScanSnapは、いわゆる高速スキャナー。
各種書類のデジタル化のために購入。
紙の書類もデジタル化で電子メールでの送受信が出来ます。
仕事のやりとりでいただいたFAXもこれを使ってデジタル化して保存すれば、机の上で煩雑になっている紙の煩わしさから解放されます。実は、いただいたFAXに回答を書き込んで送ると、そこはFAXの力不足、文字が潰れて読みにくいなんてことも今まではありました。が、そうしたトラブルも解消します。
というわけで、購入直後から大活躍。すでに、事務所の顔としてはなくてはならないものになっています。

一方はA3対応のプリンター。
今まで使っていたプリンターが突如動かなくなってしまったのです。そういえば4年ほど前にも同じ事が起こったことを思い出しました。メーカーに修理をお願いしたら、印刷時に出る廃インクのタンクが一杯になってしまったのが原因。タンクの大きさは決まっているので、4年に一度は必ず起こる予定調和的なトラブル。その都度、メーカーに本体を送って廃インクの処理をお願いしないといけないというのですね。というわけで、その時期がまたやってきたというわけです。しかし、メーカーにプリンターを出すとなるとへたをすると1週間くらいはプリンターが使えなくなります。これでは仕事になりません。急遽、プリンターを購入することにしました。なんだかなあ、という感じです。

プリンターは、キャノンにしてみようかなとも思ったのですが、価格.comの情報では、???。A3サイズ対応はやっぱりエプソン、というのが口コミで伝わってくるところ。でも、実際に出力結果を見ないと判断できないと思い、その日の夜に池袋のビックカメラへ。いろいろ見た結果、価格と出力の仕上がりを総合的に判断して、この機種がアトリエフルカワ最優秀賞を獲得したというわけです。

さて、その場で購入を、とも思ったのですが、価格調査をしてみようと、家に帰って調べてみると、なんと、amazonが一番安い。ワンクリック決済ですぐに届けてくれるから、とっても便利だけれども、今までは最安値は他のお店だったのです。それが、どうも最近ではamazonが最安値、というケースが少なく有りません。時々、びっくりするようなバーゲン価格で出ていることもあります。

実は、先に紹介した高速スキャナーもamazonが最安値でした。
ちょっと前に紹介したGR Digilalもamazonが最安値でした。

ロングテール、と称されたビジネスモデルは、流通の少ない品物でも幅広く扱うということなんだと思いますが、その全体の流通量も増えれば、尾っぽの部分だってそれなりに太くなるわけで、ひとつの商品でもそれ相当の数量が動くようになったという結果なんでしょうね。少しづつ、世界の流通は変わってゆくのだと思いました。

ScanSnapはMacモデルとWindowsモデルがあります。
ひとつ前のバージョンですがアクロバットプロも付いていてお得。

 



※新しいホームページで情報更新中!!

投稿者 furukawa_yasushi : 2010年11月08日 14:20

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://af-site.sub.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/2230