2017年01月03日

建築をつくるのは誰か?

[a-家づくりについて---house_making ]

みなさま、あけましておめでとうございます。
年の瀬から新年にかけて考えていることを書いておこうと思います。

2016年はやはり「わらしべの里共同保育所」の完成があった。建物を作るとは、設計が大切だとしても、資材の調達、職人の手配、現場の段取りが出来てこそのもの。これらをうまく進めるために「設計」があると言っても過言ではない。そして、わらしべの里共同保育所の仕事を通して自分はそういう設計を今までも心がけて来たことを再確認した。これはやはり、住宅とは違った規模の建物だったからこその経験なのだと思う。

この経験の中でショックだったことがある。それは、入札の時、製材品で設計している、無垢材で作る、今回のプロジェクトはそこが重要なのだと口をすっぱくして説明していたのに、現場説明の後の質疑の中で集成材に出来ませんか、というものがあったのだ。
製材品の資材調達に付いては、しっかりと裏を取っておかないと、いざ実行の時に材が揃わないという事で集成材への変更を迫られる恐れもあると考えて、事前に調べてあった。その事も説明の時に伝え、資材については大丈夫だと言っておいた、にもかかわらず、である。
設計事務所のいう事が信じられなかったのかもしれないが、それ以上にゼネコン側に資材調達能力が無いということを目の当たりにしたのだ。

その時に、ゼネコン、工務店、どちらも同じ工事側と思うが、その役割は何かと考えた。役割は色々あると思うが、資材調達というのはとても大切なのではないのか。安くて良いものを仕入れてくるというのが、工事側の腕の見せ所、他社との差別化の重要ポイントなのではないのか?
その後、資材流通関係の方とお近づきになり、色々実情を聞くことになった。住宅関係の工事の話ではあるが、工事側は資材調達を資材流通に依存している事がわかった。
プレカットから、サッシュ、ドア、屋根材、外壁材、キッキンなどの住設機器、全てワンストップで、資材流通にその調達を依存している。

野菜はあそこが新鮮とか、お肉はあそこが美味しいとか、一円でも安いものを探して買い物する主婦が聞いたらびっくりするかもしれない。そんな手間をかけるなら、資材流通に一括で依存した方が安くなるという理屈なのだろう。それは確かにそうだと思う。
しかし、そのために工事側の役割を放棄してしまっている事に危うさを感じないのだろうか?役割を放棄した途端に臭覚は失われユーザーのニーズから離れてしまう怖ろしさを感じないのだろうか?

建築はものづくり。作るべき建物の計画、設計。そしてそれに基づく資材調達と職人手配。工事の段取り。それらの作業をつなげるマネージメント。
どんな建物を作るのか、どんな材料で作るのか、その材料をどこで調達するのか、どうやって作るのか、職人さんの手配はどうするのか、そしてコストはどのくらいなのか。
これらの作業はいつ時代でも建物を作る場合には必ず必要である。AIが進化して社会にどんどん入り込んできたとしても、それらの作業とマネージメントはなくならない。誰かがやらなくてはならない。では、誰がやるのか?その、誰がやるのかというところで、社会は今、組み換えが起こり始めていると感じる。

2016年から2017年へ。その組み換えが、どんどん進んで行くのだと思う。
その潮目が今なのだ。

がらがらぽん

設計、施工という仕切りは通用しなくなってくる、というかそんな仕切りから解き放たれて自由に動けなかったら、たぶん、生きて行けない、とさえ思う。
では、自分はどうするか?
設計者として何が必要で、どこに足をつけていたら良いのか?
2017年の初頭に、自分の足の踏み出す先を感じている。

Ver.1.1 2017.01.01.(初出:Facebookより)

投稿者 furukawa_yasushi : 22:21

2016年12月25日

Merry Christmasa & Happy New Year!

[00-おしらせ---information ]

2016%3A17-greeting.jpg

Merry Christmasa & Happy New Year!

アトリエフルカワの年末年始の営業は
年内は12月29日まで
新年は1月4日から営業いたします。

なお、年賀状でのご挨拶は
昨年同様にその経費を子どもたちのために使ってくださる方に寄付をさせて頂きますので
年賀状が届かないなと思っておられる方もご理解いただければ幸いです。

投稿者 furukawa_yasushi : 18:19

2016年09月13日

シュリザクラとワトコオイル

[a-家づくりについて---house_making ,c-森林をいかす家づくり--moriiki ]

 

昨年の春に南会津のオグラさんにて購入したシュリザクラの丸太。
その場で製材して桟積みして一年。そこからさらに人工乾燥をして平らに削ってはぎ合わせて一枚のテーブル板になりました。

なかなかきれいな杢目がでています。

仕上げはなにを塗ろうかなとオグラの渡部さんに相談したら
ワトコオイルがあつかいやすいとのこと。
そういえば、様々な自然素材系の塗料を使ってきましたが
ワトコオイルを自分で使ったことがないことに気が付きました。

というわけでワトコオイル拭き仕上げです。

ワトコオイルは安いのが魅力。塗りやすいし、手についても石鹸で簡単に落とせて使いやすい。

ワックス分が少ないので、塗膜面で木材を保護するような事はできませんが、シュリザクラのような堅木で汚れドメ程度で考えれば、乾きも早いしこの選択肢はありだなと思いました。
他の自然系ワックスと違って自然発火しないのも室内で塗りっぱなしにできるから安心ですよね。

ところで、このシュリザクラですが、5.5mほどの長さの丸太を、ちょうどくびれていたところで、1.85mと3.65mに切り分けてから製材しています。今回加工してもらったのは短い1.85mの方です。まだ、3.65mの方はまるまる残っています。さてどうやって使おうかしら、と、贅沢な悩みですね。

続きを読む "シュリザクラとワトコオイル"

投稿者 furukawa_yasushi : 11:58

2016年09月09日

津森神宮

[建築--architecture ]

機会があり2016年8月9日に熊本の被災地を視察することが出来ました。
車を借りて市内から益城町を経由して津森郵便局から小谷集落をみてきました。
途中、あまりの暑さに飲み物を求め津森神宮に立ち寄ってきたのですが
山門の被害が興味深かったので写真に撮ってきました。

続きを読む "津森神宮"

投稿者 furukawa_yasushi : 11:29

2016年08月24日

わらしべの里共同保育所 フォトブック完成!

[00-おしらせ---information ]

「わらしべの里共同保育所」の竣工写真は
カメラマンの畑拓さんに撮っていただきました。
今までは下手の横好きで自分で撮っていた竣工写真も
プロのカメラマンにお願いするのは初めてのこと。
子どもたちのイキイキとした姿を写真に収めてほしかったのです。

一般的に建築の竣工写真というと、人気のないがらんどうの空間を撮ることになるのですが
今回は開園してからも足を運んでいただいて子どもたちの姿も撮ってもらいました。

とてもとても良い写真を撮ってもらいましたので、これはフォトブックにしようと
二種類のフォトブックを作ってもらうことにしました。

一冊は、子供の様子を中心にしたもので、「わらしべの里」というシンプルなタイトルになっています。これは父兄さんや関係者向けのものです。子どもたちの顔がバッチリ写っていますし、裸ん坊の様子も数多くあって、内輪向けの写真集になっています。
もう一冊は「わらしべの里 竣工book」と名づけました。こちらは、子どもたちの様子や雰囲気もちゃんと伝えながら、工事中の写真や、がらんどうの竣工写真も交えた誰にでも見ていただけるものになっています。
どちらもA5サイズでオールカラー100ページの見応えのあるフォトブックです。

さて、こちらの「竣工book」の方については、欲しい方がおられましたらお求めいただけるように考えています。
なにせ、自費出版で制作費がかかっています ので、消費税と送料込みで一冊2000円になります。
注文は一冊から大丈夫です。ご希望の方はアトリエフルカワの古川までメールでお申し込みください。

古川メール:yasushi.furu@gmail.com です。

投稿者 furukawa_yasushi : 13:18

2016年08月03日

gajumaru_House---原寸で検討

[レポート---report ]

「gajumaru_House」は、法的な規制で屋根形状が複雑になっています。
切妻屋根の片方が寄棟なんですが、その寄棟も垂木のかかり方を桁によって変えているのです。
これは一筋縄ではいかないと、大工さんが原寸模型を作って事務所まで来てくださいました。

家造りは共同作業です。
住まい手さんのご希望とそれを叶えるために法的な規制などをクリアしながら
作り手である工務店さんや大工さんと技術的な解決方法を検討する。
そうして初めて、納得の家造りが出来るのです。

投稿者 furukawa_yasushi : 13:15

2016年06月20日

「火事に負けない木造の福祉施設・幼児施設をつくる」

[レポート---report ]

昨日(2016年6月19日)は、木の建築フォラムの公開フォラム「火事に負けない木造の福祉施設・幼児施設をつくる」に事例紹介で登壇。わらしべの里共同保育所のお話をさせていただきました。
ホールの定員は300で250人以上のご参加をいただけたということで熱気ムンムンの会場。さらには、山長の榎本さん、速水林業の速水さん、有馬先生など、会場にお姿を発見、聞きに来られていまして、私もキュッと緊張。
内容を盛り込みすぎで、早口になってしまったのは大いに反省をするべきところですが、フォラムの後の懇親会で、良かったと声をかけてくださる方が少なからずいてなんとも嬉しい時間となりました。
ご参加くださった皆様、懇親会でお話しさせていただいた皆さま、お疲れ様でした。
今回の企画をしてくださり事例紹介でご指名くださった安井昇さん、スタッフの皆さん、お世話になりました。
最後の締めの安藤先生は筑波時代に大変お世話になった恩師であり、恩師からの言葉はとても嬉しかったです。
良い木の建築が、これからも増えてゆくことを願うばかりです。

投稿者 furukawa_yasushi : 14:26

2016年06月15日

家具蔵での個展、終了いたしました

[00-おしらせ---information ,展覧会--exhibition ]

6月11日と12日(2016年)の2日間にわたり行われた家具蔵さんでの個展、無事に終了いたしました。
会期中にお忙しい中、お出かけくださいましたみなさま、ありがとうございます。
また、ご都合がどうしても合わず残念だとメッセージをくださったみなさまにも、そのお気持ちに深く感謝です。

ご来場者は、両日合わせて94組134名でした。実はお名前をいただけなかった方も数名おられましたので、それ以上の方に観ていただいたと言う大変嬉しい結果となりました。

私も、自分の18年の歩みを振り返る良い機会をいただいたと思います。会場で時間の合間に自分の展示を眺めていて、うーん、18年、同じことをやり続けていたなと感じました。これからの自分も、多分変わらないでしょう。自分の進む道を改めて確かめさせていただきました。

マンネリ、かもしれませんが、ブレていない自分に自信を持つ事も出来た展覧会だったと思います。

というわけで、アトリエフルカワ、今後とも、よろしくお願いいたします。

それにしても、MUSE_Houseの奥様が歌われた武満徹、心に沁みました。ありがとうございます!


投稿者 furukawa_yasushi : 14:32

2016年06月02日

アトリエフルカワの家づくり18年展@家具蔵

[00-おしらせ---information ,展覧会--exhibition ]

港区青山にあるオーダー家具ショップの家具蔵にて
「アトリエフルカワの家づくり18年展」と称して個展を行います。

日時 6月11日(土曜日) 12日(日曜日)−2016年
両日とも 11時から18時まで
会場 ハウススタジオKAGURA
港区青山5-9-5(添付の案内ハガキ参照)

また、12日の日曜日の午後2時半から
声楽家である「MUSES_House」の奥さまとのトークイベントとミニコンサートを行います。
武満徹の曲を何曲か歌ってくださるそうで、私もとても楽しみにしております。
みなさまも是非お出かけください。

<以下、案内文>

家づくり、ってなんでしょう?
事務所をはじめた時に家づくりとは
建主さんと一緒に畑を耕すことなんだと書いたことがあります。
アトリエフルカワがいままでお手伝いさせていただいた家は
すべてが建主さんと一緒になって土を作り、
種をまき、芽が出るように水を上げて、
育て上げてきた思い出の仕事ばかりです。
そして、一つとして同じものがない家ができあがり、
建主さんの生活を今も育んでくれています。
ある家では、建主さんはご自分でドライバーを持ち
コテを握り刷毛を握って作り上げた家もあり
一緒に伴走させていただきました。
アトリエフルカワはさまざまな家づくりをサポートしてきました。
そして18年。家づくりは建主さんの人生そのものではないかと思います。
今回の展示では、
そんなさまざまな家をみなさんにご紹介してゆきたいと思っています。
12日の日曜日の14時半からは
声楽家である住まい手さんをお招きしての
トークイベントとミニライブも行いますのでおたのしみに

投稿者 furukawa_yasushi : 20:18

2016年06月01日

保存するということ

[00-空き家対策 ]

Facebookでシェアした記事があります。

「実家が町の重要文化財に指定されそうになったけど全てぶっ壊して新築した「そりゃ建て替えるわ」」

http://togetter.com/li/979810

その記事に対する僕の感じたことです

僕は学生時代に民家の調査に同行させていただいたことが何度かあるのですが、調査にあたり、なんでそんなことするのか?、と疑問に思われる住まい手さんも少なくなくて、そうした方に、その建物がいかに価値があるのかをご説明して説得する事がありました。

確かに価値がある、もう今となっては作ることのできないものですから、記録として残しておくことはとても大切だと思うのですが、そのために人の生活の中にドカドカと入っていく事になって、それって本当にどうなのかなと、その時、そういう疑問も抱えていました。

古いものを残してゆくことの大切さを住まい手さんにも十分に理解してもらってから調査が行われる場合は良いのでしょうが、どうしても全ての人の理解を得られているわけではなかった、ということですね。

その時に考えたのは、古いものを残して行くことは完全にいつの時にでも正しいのか?ということなんです。

調査にうかがったお宅では、屋根が杉皮葺きで、大学の先生が珍しいから残しなさいと言われて残していましたが、それが本当に良いことなのか?という事なんです。

残すか残さないか、それは誰の判断によるのか?学術的な価値も大切だが、それだけで残すという判断をしても良いのか?特に住まい手のいる建物を残す場合にはどうなのか?住まい手との歩み寄りが必要なのではないのか?

そんなことを、以前に考えていた事と、この記事が重なりました。

この記事の場合には、住まい手との歩み寄りがうまく行かず、最悪の結果を生んでしまったわけです。最悪の結果にしない、歩み寄りが出来たのではないか?歩み寄ることができなかったというのは、一方の持っている価値を押し付けてしまったのではないか?そこに大きな問題があるのではないか?

この記事をシェアして言いたかったのはそういうことなのです。

(初出 Facebook 2016年5月29日の投稿に対する自らのコメント)

投稿者 furukawa_yasushi : 15:26

空き家対策を成功させるために

[00-空き家対策 ]

各地の空き家対策を取材したり、空き家対策の相談を受けたりしていると、空き家対策というのは、コミュニティデザインなんだとつくづく思います。
そこに必要なのは、各方面のプロフェッショナルな人材と、その人材をつないで活力に変えてゆく、技術力と提案力、そしてコミュニケーション力を兼ね備えたマネージャーです。
ですから、マネージャーには、参加者の意見や考えを引き出してまとめ上げるファシリテーターの力量も求められます。
それぞれのプロフェッショナルな人材が一人でも欠けていると動きませんし、人材が揃っていてもマネージャーがいなくては動きませんね。
ただ、このマネージャーというのが、今までの職種のどれに当たるのか難しい新しい仕事。そのなかで、建築士がマネージャーをやるというのは、かなりリアルな展開だと思います。もちろん、すべての建築士にマネージャーが出来るというわけではないですし、残念ながらそれが出来るのはかなり限られた方なのだと思います。

(初出 Facebook 2016年5月10日)

投稿者 furukawa_yasushi : 15:21

シェアする家、開かれた住宅

[00-空き家対策 ]

13151519_1008051795932224_2974803665996922028_n.jpg

住宅という枠組み。物理的には屋根や壁に囲まれた空間。その中の人。人と人のつながり。家型に囲まれた人と人の集まりは家族。家族はある一方で、構成員それぞれが家という枠組みを超えて人と人のつながりをもつ。それはコミュニティ。

マイホーム主義が席巻し、自らの土地の囲い込みが加速して、場所を共有している感覚が薄れたここ数十年。同時に、住宅の乱立と都市部への集中で、地縁コミュニティが解体されてきた。住民がある程度若いうちは成立していたマイホーム主義も、高齢化が進むと成立するのは難しい。自らの土地の囲い込みによるマイホーム主義の価値観から、地域で共有してゆくシェアの価値観への転換が迫られている。若者たちはその変化に気づいている。

とすると、住宅とは何か?

新たなコミュニティを育む場所として、住宅は機能し始める。

私が設計した家の中でも、住まい手は自らの住まいを外に対して開いてゆこうと家づくりをされた方が少なくない。

友人が多く、20人以上呼んでパーティが出来るような広いリビング。主婦仲間とお互いの持っているスキルを教えあう場所。子供会の世話役としてみんなを呼ぶ場所。ご近所の奥様方と一緒にパンを作ったりクッキーを焼いたりする場所。仲間とショップが出来る場所。アートギャラリーとして時々開放されるリビング。時にはミニコンサートも出来る音楽スタジオのある場所。合唱団のパート練習が出来る場所。

どれも、今までの住宅の概念を超えて、しかし、地域のつながりを、人と人のつながりを育む場所を、住宅の中に作っている。それはすべて、囲い込みではなく、シェア。自らの場所をシェアしながらコミュニティに開放してゆく。

住宅が家族を超えたコミュニティを受け入れる場所になってゆく。

住宅とは住まい手の生活の場所である。住まい手の生活は家の中だけにとどまらない。家の中にそれを取り込む事で、もっともっと楽しい生き方が待っている。

(初出 Facebook 2016年5月9日)

投稿者 furukawa_yasushi : 15:18

空き家対策はイニシャルコストをかけない

[00-リノベーション ,00-空き家対策 ]

空き家対策を取材していると、イニシャルコストをいかにかけず直せるかということと、空き家の運営活用をどうやって持続的にできるかが成功の秘訣と思える。ここで、必要なのはコストを掛けたフルリノベーションサポートというよりもフットワーク軽いセルフリノベーション。設計者のスキルとしては、耐震診断と耐震改修、断熱改修といった技術的なフォローとセルフリノベーションサポート。そして、運営活用に関するアドバイス。すでに、この世界に特化した設計者が活躍し始めている。
ただ、考えてみれば、このスキルは技術力と提案力ということであって、以前から新築の仕事においても設計者に求められていたスキルであり、つまりは、形を変えたにすぎないということにも気がつく。

(初出 Facebook 2016年5月2日)

投稿者 furukawa_yasushi : 15:13

2016年03月28日

warashibe_nursery—完成見学会終了

[00-おしらせ---information ]



3月26日と27日(2016年)の二日間にわたり完成見学会をおこないました。
交通の不便なところにもかかわらずたいへん沢山の方々においでいただきました。
ありがとうございます。

上の写真は、3歳から5歳までの園児の部屋でワンルームになっています。

続きを読む "warashibe_nursery—完成見学会終了"

投稿者 furukawa_yasushi : 19:24

2016年02月01日

warashibe_nursery—木工事順調

[レポート---report ]

工事進行中の「warashibe_nursery」(わらしべの里共同保育所)ですが
1月12日の雪の影響の遅れも挽回しながら順調に木工事が進んでいます。
壁が少しずつ出来上がってきて室内の様子がだんだん浮き彫りになってきています。

3月中旬には完成。3月26日と27日の完成見学会を予定しております。
どなたでもご来場いただける見学会になります。

施工:株式会社守屋八潮建設

投稿者 furukawa_yasushi : 13:42