« 「ノルウェイの森」サウンドトラック---CAN、Jonny Greenwood | メイン | 「木の家リフォームを勉強する本」出版記念セミナー »

2011年01月11日

ハーバード白熱教室

[報道・TV--topics ]

110110-sandel-hakunetu.jpg

お正月のテレビで一番印象的だったのが
ハーバード白熱教室」でした。
元日の深夜と二日の深夜に分けて、全12回が一挙再放送。2010年の4月から6月にかけて放送されたものですが、私なども見逃したひとりでいつか見たいと思っていた、ちょうどその時に再放送となったのでした。
同様に、見られた方も多かったのではないでしょうか。
さすがに私は一気に見ることは出来ず、録画しておいたものを2〜3回分づつ見てゆきましたが、内容は濃くて追いつくのが精一杯というか追いつけていない部分も多々ある状態。それでも、全12回を通して見ることで大いに考えさせられました。

「ハーバード白熱教室」というのは、ハーバード大学で行われているマイケル・サンデル教授の政治哲学の講義をそのまま収録した番組です。テーマは「正義」。

「正義」と「悪」という二律背反が一筋縄では理解出来ないことをわかりやすい事例を上げて解説するとともに、学生の意見に耳を傾けます。学生との議論の中からそこで共有されている考えを整理して導き出すという手法は素晴らしく、ともすると脱線してゆきがちな論議をひとつのビジョンに形を整えてゆくさまは圧巻でもあります。教えるという技術の指南書としてもこの番組は価値がありそうです。

それはともかく、すべての話題が私の専門としている建築の世界に当てはめることができそうで、番組を見ながら終始考えていました。頭はフル回転です。

たとえば、建築はそこにある自然を壊すなり修正することの上で成り立っています。あるいは、今まであった建物を取り壊すことで成立します。自然を壊すのは正義か、あるいは今たっている建物を壊すのは正義か、建築設計とはそうしたジレンマの上に成り立っているのです。

他にも様々な判断が迫られる建築という世界では、常に自分の判断が正しいかどうかを吟味する必要が有ります。その時に、サンデル教授の議論は大変有効だと思いました。

番組を録画してディスクに保存しましたので、改めて見なおしてみたいと思っています。

<蛇足>
そういえばfacebookもハーバード大学から始まったのでした。

英語版ですが番組をまるごと無料で公開しています。

"Justice with Michael Sandel"

講義の内容を日本語でまとめられたサイトです。

ハーバード大学:サンデル教授「 JUSTICE 」 当サイト独自のまとめ(白熱教室)

講義の内容がそのまま活字になっています。

また、DVDとしても昨年暮れに発売されました。

この講義のテキストの和訳はこちらになります。

この和訳については現在読書中です。別に記事を書きたいと思っています。


※新しいホームページで情報更新中!!

投稿者 furukawa_yasushi : 2011年01月11日 11:00

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://af-site.sub.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/2279