« blogの力 | メイン | 65 chair »

2004年09月07日

BILL EVANS/The Complete Live at The Village Vanguard 1961

[ジャズ--jazz ,音楽--music ]

BILL EVANS/The Complete Live at The Village Vanguard 1961

1961年6月25日
NYのJazzClub VillageVanguardで何が起こったのか?

Bill Evans Trio がステージで演奏していた。
Bill Evans----piano
Scott LaFaro----bass
Paul Motian----drums
2週間の演奏の最終日。

今までこの日の演奏は
超有名なJazz Recordである「Waltz for Debby」と
「Sunday at The Village Vangurd」に分散されて収録されていた。
さらに、アルバム未収録曲がボーナストラックとして追加されたCDがでて
当日の録音のほとんどが日の目を見ていた。
この3枚組みのボックスセットは、
今までオクラになっていた、録音している時に停電になって演奏の途中が切れてしまった1曲(Gloria's Step)が加えられ、当日の録音テープをそのままにCD3枚におさめたものだ。

「Waltz for Debby」

「Sunday at The Village Vangurd」

ずいぶん前にCD屋さんで見つけて買ったもので、
買ってすぐに何度も聞いた。
何度も聞いたけれども、それぞれの演奏についてはすでによく知っているものだったので
まあ、これもBill Evansフアンのコレクターズアイテムだ、と思って
しばらくして棚の中にしまっていた。

それを、どうしたのか、昨日、手に取って聞いた。
聞いていて、胸が苦しくなってしまった。
それは、この演奏の10日後にbassのスコットラファロが交通事故で死んでしまったことを思い出した、なんていうセンチメンタルなことではなくて、演奏そのものが僕の身体にそういう影響を与えたということ。

とても息が詰まる演奏。

どうも、その日のライブハウスの空気がストレートに僕に届いてしまったようなのだ。

1曲1曲別々に聞くと、ああすごい演奏だなあ、とかそういう感想をもって終われるのだが
こういう具合に時間軸に従って続けて聞くと、僕の身体ごとその空間にタイムスリップしてしまうようだ。そして、そんな体験をしてしまうと、この日の演奏を単なる素晴らしい演奏である、なんて言えなくなっている自分に気が付く。

この日、VillageVanguardで何が起こったのだろうか?


※新しいホームページで情報更新中!!

投稿者 furukawa_yasushi : 2004年09月07日 18:15

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://af-site.sub.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/172

このリストは、次のエントリーを参照しています: BILL EVANS/The Complete Live at The Village Vanguard 1961:

» ベスト盤とiTunes from karakara-factory
以前から「欲しいなぁ〜」と思っていたアルバムを買った。 うちには何人かのアーティストのベスト盤がある。(何を買ったらいいのか分からないから)まずは、、という感... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年06月03日 10:53

コメント

ユリイカ(1976年1月号)の特集「ジャズは燃えつきたか」の寺山修司と武満徹の対話「日付のある表現」より。(二人とも既に故人ですが、いま読み返しても面白い内容です。ちなみに寺山修司の墓は家から歩いて15分位の一山越えたところにあります。)
、、
武満「ジャズの場合素晴らしいのは、演奏者をぼくたちが名指しで聴くっていうことだ。」
寺山「絶対そうですね。さらに言うならば日にちも場所も指定して聴くっていうことだ。」
、、
ヴィレッジヴァンガードにはミューズが棲みついているのか、数々の名盤を残してますね。そこには武満と寺山が指摘している全てがあるんです。
と云うことで、ロリンズの"A Night At The Village Vanguard"を聴きながら書いてます。

投稿者 iGa : 2004年09月08日 02:39

Village Vanguardもの、というくくり方が出来るほど
このJazz Clubでのライブ録音は多いですね。
さらに、iGaさんの言われる通り名作が多いのもたしか。
同じBill Evansでも最晩年のライブがあって
こちらは6枚組みのボックスセット。これが、また良い。
それと、個人的な趣味に近いですが
John Coltraneの1961年 11月のライブ。
こちらもバラバラだったものがまとめられて4枚組みになっています。
これ、結構好きです。
これらは、近いうちにエントリーしたいと思っています。

投稿者 古川泰司 : 2004年09月08日 18:28

トラックバックどうもです。
コンプリート盤、イイですよね。
私はエヴァンス以上に好きなピアノ弾きはいないというくらいにエヴァンス好きです。
その中でもやはり、このメンバーの録音は全てが神掛かっているとさえ思える名演揃いです。

ということで、今はアート・ペッパーのライヴを聴きながら書いてます。
ペッパーも大好きなのです。

投稿者 kissh : 2005年01月31日 12:52

kisshさん こんにちは
同業者、同世代、面白いですね。
アートペッパー 僕も大好きです。
いつかエントリーしたいと思っています。

投稿者 fuRu : 2005年01月31日 13:11