« 高崎哲学堂(旧井上房一郎邸)---A・レーモンド | メイン | 「ペット・サウンズ」---ジム・フシーリ (著), 村上春樹 (訳) »

2008年05月13日

45

[いろいろ--misc. ]

確かに、49ならば限りなく50に近いし
41は限りなく40に近い。
あるいは48ならば、42ならばと言い換えても良いのですが
世の中には四捨五入という考えがあって
45は50になるのですね。

実は今日は私の誕生日で、私は45歳になります。
これで四捨五入すると50歳になる仲間入りというわけです。
まあ、でも、ほんとの50歳まであと5年あります。

昨年、仲間に入れていただいた「家づくりの会」には
充実したお仕事をされている50歳前後の建築家がたくさんいて
私も50歳になる頃には、そのような充実した仕事をしていたいと強く思っています。

これから50歳までの5年間。
5年というのは実にしっかりとした時間で
どんなことでも5年間やり続けていると、
なにか花が咲く、あるいは根が張ってしっかりする時間ではないかと思います。

というわけで、この5年間で何が出来るのか。
自らに問いかけます。

設計の仕事をもっともっと充実させてゆきたいことが第一にあります。
もっともっと自分に厳しく、仕事の内容を充実させること。
しっかりと、しっかりと、しっかりと、一歩一歩が大切な仕事ですから。

先日、大学の時に教えていただいた坂本一成先生の「水無瀬の町家」を見せていただき
38年も経っているのに、その空間がまったく色あせていなかったことにショックを受けました。
私が今手がけている仕事も、30年後に色あせないでいるだろうか?
そんな問い掛けも、今、自分の中に芽生えています。

建築設計の世界に飛び込んで20年以上。
独立してちょうど10年。
まだまだ時間の波に揉まれ足りない私ですが
自分の可能性をどん欲に追求して実りある50代を迎えたいと
四捨五入して50になる時に、思うのでありました。

44
43
42
41


※新しいホームページで情報更新中!!

投稿者 furukawa_yasushi : 2008年05月13日 12:00

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://af-site.sub.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/1569

コメント

ふるさん、
お誕生日おめでとうございます。
40,45,50というのは区切りでもありますね。
12の倍数で考えるっていうこともあり、36,48,60も大きな節目。
5年ごとのほうが目標や計画が細かく設定できてよいと思います。

私も最近、自分の作ったものを
長年使っていただいてるのを見るにつけ、
ひとつひとつの仕事をきちんとしていかなくては、と
思う今日このごろです。

ふるさんの今後のお仕事も、楽しみに、期待しております。
ますますのご活躍と健康をお祈りします。

投稿者 reirei : 2008年05月13日 13:40

reireiさま
ありがとうございます。
reireiさんとは誕生日が近いので親近感が湧きます。
なーんちゃって。
それはともかく
一緒にひとつずつ歳を取ってゆきましょう。(^_^;

投稿者 fuRu : 2008年05月13日 13:51

お誕生日おめでとうございます!
私はまだ四捨五入しても40です。
でもあっという間に四捨五入で50のお仲間になるんでしょうね。(笑)

投稿者 すぎの : 2008年05月14日 22:39

すぎの sama
ははは、そんなに違わないですからねえ。
ほとんど同じですから、すぎのさんも四捨五入すると同じなんですよ。(^_^)v

投稿者 fuRu : 2008年05月14日 23:22

出遅れました。おめでとうございます。
私は四捨五入しなくても50が目前(という気がします)。さすがに来し方とこれからのことを考える今日この頃...。最近私は、年上の知り合いや先輩に囲まれていればいつまでたっても「若造」でいられることに気付きました。なかなかいいもんです....。
fuRuさんも、「ひとつずつ」だなんて遠慮していないで、二つずつくらい年を重ねて、早く追いついてください。
fuRuさんにとってますますよい一年になりますように!

投稿者 kadoorie-ave : 2008年05月15日 20:35

kadoorie-aveさま
私も最近また先輩建築家に囲まれることが多く
そういう時は、私なんぞが一番「若造」になります。
同じですね。
というわけで、ほっぷ・すてっぷ・じゃんぷ、で三段跳びに歳を取ってゆくことにしますので、待っていてくださいね。(^_^)v

投稿者 fuRu : 2008年05月15日 22:53